SALON COLUMN

コラム
2018/02/08
今人気の高い外国人風カラーあれこれ~代表3選手~
「西脇 弥生」が書いたコラム一覧はこちら

外国人風カラー,人気,カラー

髪は染めたいけど傷むのはイヤだ!!
髪の毛の痛み、気になった事はありませんか?

当たり前ですが、髪の毛に対してカラーをすると痛みはゼロではありません。
カラーによって髪の毛はどのような仕組みで痛んでしまうのか?

そんな疑問を今回の記事では解説していきたいと思います。

また、記事の後半では人気の外国人風カラーについても書いていますので最後までお付き合いお願いします。

目次
1. 今人気の高い外国人風カラー
2. 外国人風カラーあれこれ ~代表3選手~
 2-1. 白っぽく光に溶け込むプラチナ系
 2-2. 立体感や動きのあるブレンド系
 2-3. 一見暗め、光を通す透明感が大人×色っぽいアッシュグレー系
3. まとめ

今人気の高い外国人風カラー

外国人風カラー,人気,カラー

外国人風カラーとは、赤味が少なくグレーやグリーンを感じる透明感のあるカラーです。
まずは“メラニン色素”をコントロールすること。
これがやわらかく透明感のある赤味のない外国人風カラーのカギを握っています!

日本人の髪の毛には黒褐色の真性メラニン(eumelaninユウメラニン)の2種類あるといわれていて、
これらのメラニン色素による黒色や赤色、オレンジ色と減らしたりなくしたりすることが、ほんのりグレーやグリーンを表現する上でとても重要です。

では、どうしたら減らしたりなくしたりできるのか…。
それは、

脱色(ブリーチ)をすること

脱色とはメラニン色素を分解することで脱色の段階は黒色→赤味のある茶色→オレンジ色のある茶色
→オレンジ色→黄色→白っぽい黄色と明るさと色味が変化していきます。

この時の変化はすべてメラニン色素の種類と濃さによるもので、個人差があります。

よって、1回ブリーチ、2回ブリーチと回数で必要なブリーチ具合を表現することは難しく、仕上がりイメージに対して必要なだけメラニン色素を分解できていればOKです。

その時にももうひとつ重要なポイントがあります。

それは、残留ティントのコントロールです。

残留ティントとは、前回までに施したヘアカラーで残った染料のことです。
染料を分解することを脱染と言い、たいていの場合、オレンジ色やくすんだ茶色、ピンクぽい色として残っていることが多く、外国人風カラーを実現するにおいて最も強敵と言っても過言ではありません。

では、外国人風カラーのためには、全体をブリーチするしか方法がないのか。。。

そうではありません。

次に、全体ブリーチだけではない、外国人風カラーのバリエーション代表3選手をご紹介します。

外国人風カラーあれこれ ~代表3選手~

外国人風カラー,人気,カラー

白っぽく光に溶け込むプラチナ系

メラニン色素や残留ティントが邪魔するので、まずは丁寧に脱色、脱染することが大切です。

白っぽい外国人風カラーを目指すならこの残留ティントのオレンジ色が邪魔するので、ブリーチでしっかり脱染しておくことが大切です。
この時、髪の毛への負担も考えてブリーチのパワーや塗布量、塗布する場所の見極め、手早くかつ丁寧に施術することが必要です。

あくまで髪の状態と相談し、段階を踏んで白っぽさを自柘植んすることも長くキレイな髪と髪色、ヘアスタイルを楽しむためには、必要な判断です。
時間に余裕がある時はケア機関をはさみながら段階を踏んでブリーチしていくことをオススメします。

脱染ができてペールイエローにできたらイメージに合わせてうすい紫か紫味のアッシュを塗布して完成です。

立体感や動きのあるブレンド系

全体ブリーチ(※)またはブリーチをしない外国人風カラーのベースを施し、そこへハイライトやローライトをブレンドしていっきます。
”ハイライト”とは、一般的に土台とあんるベースカラーよりも明るい部分をつくることを指し、”ローライト”は逆に暗い部分を作ることを指します。

ハイライトもローライトも入れ方やベースカラーとの色の差と明るさの差のつけ具合によって、さまざまなイメージに仕上げていくことができます。
全体をブリーチしなくても、ハイライトにブリーチ剤を使って髪のメラニン色素を減らすことでより負担が少なく立体感と動きのある外国人風カラーが実現できます。
新しく生えてくる黒髪の地毛ともなじみもよくブレンドすればするほど簡単にマネできないヘアカラーに仕上がります。

このように一言で外国人風カラーといっても様々な表現ができます。
他にも選択肢はありますので、ぜひ美容師さんと相談してくださいね。

一見暗め、光を通す透明感が大人×色っぽいアッシュグレー系

濃いめのアッシュグレーに仕上げるので少しオレンジ味があっても実現できます。
一見暗めなので派手さや目立つ印象より、シックで大人っぽい色気が際立ちます。

※1 全体ブリーチした場合は、抜けてくると淡いグレー系やベージュ系に変化し、
※2 全体ブリーチをしない場合は、茶色っぽさのあるアッシュ計に仕上がり、抜けてくると決める前の茶色に変化します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
少し専門的になりすぎたところも多く見られ、上手く伝わらないところもあるかと思いますが、参考になったでしょうか。
ヘアカラーをするということは少なからず、髪の毛にダメージを与えてしまうことになります。
ぜひともヘアカラーをする時は、美容師にご相談下さい。

Writen
このコラムを書いた人

西脇 弥生

ヘアカラーひとつで人生が変わります。
ファッションとともにヘアカラーを楽しみたい方はもちろん、なかなか明るくできない方もカラーの周期があいてしまう方も、おしゃれに楽しめるカラーがあります☆
ご相談だけでもOKです!お気軽にご予約ください☆
  • Instagram
BLANCO原宿
東京都渋谷区神宮前4-25-9 b-town神宮前C棟 03-5413-8451