SALON COLUMN

コラム

UV(紫外線)が髪の毛に与える影響は意外と大きい?!美容師が伝えたい5つのポイント

「田中 けい子」が書いたコラム一覧はこちら


こんにちは!

表参道の美容室 BLANCO表参道 デザイナーの田中けい子です。

5月、6月とだんだん暑さが増してくるころ。髪のお悩みが増える時期でもあります。

女性はお肌のUV(紫外線)ケアを始めていると思います。

大切なのはお肌だけではないんです!!

夏の終わり、、、「髪が痛んで乾燥している」「艶がない」「ヘアカラーの褪色

こんなお悩みを持ったお客様が多いです。

その原因はもしかしたらUV(紫外線)かもしれません。

お肌のUV(紫外線)ケアはしていても、髪の毛のUV(紫外線)ケアはついつい忘れがち。。。

ここではUV(紫外線)とは何なのか、また髪への影響、簡単なお手入れ方法を現役美容師がお伝えしていきます。

Ⅰ,UV(紫外線)とは何なのか?

UV(紫外線)とは「Ultra Violet」という光の事を言います。

UV(紫外線)にもUVAUVBUVCの3種類ありそれぞれの特徴は、

UVA紫外線の約95%を占める。しわ、たるみの原因。髪の毛やお肌の内部(真皮)まで入り込み、ダメージを与えるUV(紫外線)

UVB紫外線の約5%を占める。日焼けの原因。髪の毛やお肌の表面(表皮)を傷つけるUV(紫外線)

UVC…体に害をもたらす危険なUV(紫外線)。ただし、地表には到達せずオゾン層でほぼ吸収される

<紫外線豆知識>

日焼け止めクリームなどに表記されているPA、SPFはUVA、UVBと関係があり、

PA+ UVA防止効果がある

PA++ UVA防止効果がかなりある

PA+++ UVA防止効果が非常にある

SPF30 つけてから10時間日光に当たっていると翌日赤みが出る

(20分×SPF30=600分=10時間)

SPF50以上になると効果の差はあまりない。

という意味があるそうです。

Ⅱ,UV(紫外線)が与える髪の毛への影響

・乾燥、ごわつき

UVAは髪の毛の内部(間中物質)まで入り込み、髪の主成分であるタンパク質がダメージを受けたことにより髪の毛の柔軟性が失われてしまいます。

よって、水分保持力が低下し乾燥、ごわつきの原因になります。

・ツヤ、滑らかさの低下

髪の毛の表面にある脂質被膜がUVにより酸化し、水をはじく機能が失われ、滑らかさが低下。キューティクルが剥がれやすくなるため、ツヤもなくなります。

・ヘアカラーの褪色

UVAが髪の毛の内部(間中物質)に入り込み、メラニン色素やヘアカラー色素を壊していくため褪色しやすくなります。

Ⅲ,UV(紫外線)ケアできをつけなければいけない5つのこと

・UV(紫外線)の時期

UV(紫外線)の一番強のは夏の7~8月と思われがちですが、、、

意外とピークは5月!!!

梅雨のシーズンは若干UV(紫外線)が減りますが、UV(紫外線)は1年中降り注いでいます。

特に気を付けなければいけないのは5~8月。

早めのケアが大切です。

・UV(紫外線)の時間帯

1日中紫外線は降り注いでいますが、特に気を付けなければいけないのは10:00~14:00。

お子さんの自転車での送り迎え、オフィスから外出するランチタイム、外に出る前にもう1度UV(紫外線)ケアを忘れないで下さい。

・お出かけの場所

お買い物、洗濯、犬の散歩…UV(紫外線)は軽度ですが、毎日のことですのでケアは怠らず、ダメージを蓄積させないことが大切です。

ガーデニング、屋外のスポーツ、営業回り…外にいる時間が長い分注意が必要です。2~3時間おきにUV(紫外線)ケアをして、ホームケアでの保湿は必須です。

また、標高が1000m上がるごとに、UV(紫外線)も約10%アップします。

さらに、砂浜からの照り返しでビーチのUV(紫外線)は約25%アップ。

日常生活でも紫外線は十分に注意が必要なんです。

・お天気によるUV(紫外線)

今日は曇りだから…とか、雨が降っているから心配ない!

と思いがちですが、曇りや雨の日もUV(紫外線)はあるんです。

晴れた日のUV(紫外線)が100%ととすると、

曇りの日は70%、雨の日は30%の紫外線が降り注いでいます。

どんな日もお出かけの際は必ずUV(紫外線)ケアをすることをお勧めします。

・髪の毛は顔の○倍?!

頭部は、上からの陽射しに対しほぼ直角にUV(紫外線)が当たっています。

顔の向きを変えたとしても、頭部は防げないもの。

髪の毛の浴びるUV(紫外線)の量は顔の5倍といわれています。

Ⅳ,簡単にできるUV(紫外線)ヘアケア

Ⅲの5つのポイントを踏まえたうえで、

・外出時には帽子を着用する

(髪の毛の長い方は縛って帽子の中に入れ込んでしまいましょう)

・夜寝る前にUVオイルやUVミルク、外出前にはUVスプレーを。

(外に出る事が多い方はスプレーやオイルは持ち歩き2~3時間に1回重ねると効果が持続します)

・長時間外出した日は、UVシャンプーでアフターケアを。

(UVシャンプーはUV(紫外線)で傷んだ髪を優しく洗い、日焼け止めの成分もしっかり取り除いてくれます。日焼け後は保湿が大事ですのでトリートメントも一緒に使ってあげると効果大です)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

なかなか髪の毛のUV(紫外線)ケアまで行き届かない方が多いですが、1年通して綺麗な髪の毛を保つ大きなポイントになります。普段のヘアオイルをUVオイルにしてあげたり、普段のシャンプーをUVシャンプーにしてあげることから始めてみてはいかがでしょうか?

Writen
このコラムを書いた人

田中 けい子

イメージチェンジをするのが大好きです。
バッサリ切りたい!イメチェンしたい!という方は是非!新しいあなたを見つけます。
指名して予約する
BLANCO表参道
東京都港区南青山3-17-15 南青山三丁目ビル2F 03-6434-0971