SALON COLUMN

コラム

くせ毛さん必見!悩むのではなく活かすミディアムヘアーテクニック

「茂在 祐介」が書いたコラム一覧はこちら

広がる、うねる、まとまらない!

くせ毛が気になってる方のほとんどがこの悩みを持っているのではないでしょうか?

でも、くせがあるから抑えたいまとめたいではなく、活かしてしまえば良いのです。そんな方法をお伝えします。

1.くせを活かしやすい長さ

くせ毛を一番活かしやすい長さはミディアムヘアーです。鎖骨より上からあご付近くらいまでの長さですね。

それよりもショートだとモロにクセが出てしまったり、ちょっとしたうねりが顕著に出てしまいます。逆にロングですと扱いが大変になり、ドライヤーも均一にできなかったりと、すごく手間がかかってしまいます。

しかし、ミディアムヘアーならお手入れもくせを活かすのも数段楽にお手入れをすることができるのです。

ロングだとうねり、広がる髪も

  • ミディアムヘアにすることでうねり、ハネもヘアスタイルに♪

2.ミディアムヘアーのくせ毛のメリット

通常ストレートヘアーの場合、髪がハネたり、片側だけ外に向いたりしてしまうことが多いのに対して、くせ毛の場合、スタイリングやパーマであえてハネさせたり、うねらせたりすることで、逆にまとまって見えてくれます。

最近では、外ハネスタイルが流行ったりしているのも追い風ですね。外にも一度かけたパーマがとれにくいのも大きなメリットなんです。

3.くせ毛のスタイリングの仕方

スタイリングの仕方次第でくせ毛がまとまって見えます。そして、それを一番しやすいのがミディアムヘアーなんです。

全体にがんばってスタイリング剤をつけなくても、毛先を中心にもみこんでいくだけで、動きのあるやわらかいスタイルになることができます。ストレートヘアの方がよくパーマをかけるのもこういったスタイルになりたいからなのですね。

※逆にしっかりとくせを抑えてまとめたい方への記事はコチラ

パーマをしっかり出したい時に使うトリートメント剤を、スタイリング剤の代用にしても良い感じになりますし、トリートメントなので髪の毛にも優しくスタイリングできるのです。

4.パーマをかけてくせ毛を活用

くせには強い部分やうねりの違う部分もありますが、それを一律パーマで同じようなバランスに変えてしまうコトもありです。もともとクセがあるのでかかりやすく、ダメージも抑えられ、持ちも良いのです。

ストレートの髪をくせ毛風にしようとすると、しっかりかけて持ちも良くなかったりとダメージも出てしまいます。その点、くせ毛の場合は非常に有利なのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

くせ毛を活かすならミディアムヘアーがとても扱いやすく、また時代にも合っているんですね。そして、何よりも世の中ストレートの方が一度は”くせ毛風”にあこがれた事がある方が多いんです。

ぜひ、活用して自分のくせを好きになってくださいね。

Writen
このコラムを書いた人

茂在 祐介

トレンドや流行りがある中でも一人一人の良さを最大限に活かすスタイルづくりと、それぞれのお悩みを最大限解消できるスタイルづくりを心がけてます。あなたの美しさを引き出すライフパートナーに是非させてください。
指名して予約する
  • Instagram
BLANCO表参道
東京都港区南青山3-17-15 南青山三丁目ビル2F 03-6434-0971